H27.12.28 成年被後見人の自宅の売却

私が成年後見人になっている、被後見人のマンションの売却が終わりました。

この方はすでに施設に入所しており、自宅マンションは空き家でした。

年金収入が少なく、貯蓄がなく、このまま施設にいると、数か月でお金が底をつく状態でした。

施設費を捻出するため、マンションを売却せざるを得ません。


もちろん、成年後見人が、被後見人の不動産を勝手に処分することはできません。

裁判所に許可をもらう必要があります。

不動産業者、撤去業者、修繕業者などに詳細な見積書と、査定書をもらい、売却の見込み額、最終的に手元に残るお金の見込みを算出し、裁判所に相談しました。


裁判所からOKの返事をもらい、まずは撤去作業開始。


廃棄処分する荷物の山、すべて撤去してもらいました。

次に、修繕工事。とにかくひどいヤニ汚れと修繕個所。工事に約1ヶ月。

工事が終了し、販売開始。

幸い、すぐに買い手が現れ、買主さんのローン審査も終了。

そして、いよいよ契約、という段階で裁判所に不動産処分の許可申立をしました。

事前にすべて資料も送り、相談済みなので、すぐに許可は出ます。

ちなみに、この許可決定書は、不動産売買の所有権移転登記申請に添付しなければなりません。

許可決定をもらって、売買契約。

契約の場では、買主さんに、私が成年後見人であることを説明、さらに、成年後見人が何者であるかも詳しく説明(普通の方は、成年後見の制度のことはあまり知らない)しました。


そして、決済引き渡しとなりました。ここまで、販売開始から約2か月。


後見人としては、さらに、役所に住所移転の届、健康保険、介護保険にも届け、年金事務所にも届け、郵便物の転送手配、水光熱費の停止手続き、火災保険や地震保険の解約、後見登記申請、などやることがいっぱい。

これで当分、施設費の心配はなくなりました。

▲このページのトップに戻る