相続が発生する前にしておくこと

人はいつか必ず死を迎えます。

人が死ぬと、法律上相続が発生し、亡くなった方の権利義務はすべて相続人に承継されます。

多くの場合、ここで様々な問題が発生します。

葬儀費用はどうするのか?誰が負担するのか?

亡くなった方の遺産はどうするのか?お家はどうするのか?

事業はだれが継ぐのか?保険はどうするのか?

祭祀はどうするのか?

そもそも、保険や遺産の重要な書類はどこにあるのか?

借金はなかったのか?

相続税はかかるのか?

 

遺産の分け方など法律的な問題から、物のありかが分からないなどの日常的な問題まで、様々なことで相続人は翻弄されます。

そのような作業は精神的にも相当にしんどいものでしょう。

 

あらかじめ、自分が亡くなった後の準備をしておくことはとても大切なことで、不要な相続人の間のトラブルを防止することもできるのです。

 

また、平成27年以降の税制改正によって相続税の対象となる方が増える見込みです。こちらもあらかじめ対策が必要でしょう。

 

今、できることを考えてみませんか?

相続人のためにこれだけは準備しておく

1.重要な書類の整理と保管場所の連絡

 どこに何があるのかが分からないようでは、相続人が家中を探しまわらなければならなくなります。

 重要な書類については、どこに何がしまってあるのかをわかるようにしておくべきでしょう。

 

 重要な書類については、

   1.預貯金の通帳

   2.保険証券

   3.株券、株式や投資信託などの明細、証券会社、信託会社の書類

   4.不動産の権利書、不動産を購入した時の売買契約書

   5.借金がある場合はその契約書や請求書領収書

   6.金庫を借りている場合は金庫のカギ

 などがあげられます。

 

2.葬儀費用などの現金の準備

 預貯金の名義人が死亡したことを銀行などが知ると、預貯金口座は凍結され引き出すことができません。

 あらかじめ、葬儀費用などまとまったお金を用意しておいたほうがいいでしょう。

 

3.遺産の承継に関する準備

 遺産をどのように分けるのかは相続人にとっても重大な関心ごとの一つです。あらかじめ遺産の前渡しで財産を相続人に分配しておくこともできます。生前贈与は相続税の対策としても重要です。

 また、遺言を書いておく必要もあるかもしれません。

 遺産の内容が複雑に、分けにくくなればなるほど相続発生前の準備が大切になってきます。

 

それぞれの詳しい手続きについては

 

 

▲このページのトップに戻る